自動車事故に備える自動車保険の種類にはどんなものがあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

車が好きで通勤でも趣味でも車の運転はしょっちゅうしてるのでいつ何時自動車事故の被害者・加害者になるかもしれません。

しかし、自動車保険については意外と無知で保険屋さんの言われるがままに加入してる状況です。

いざというときに役立つ内容なのか?無駄なお金を払ったりしてないのか?など
自動車に毎日乗る立場として、一度ちゃんと自分で自動車保険について勉強してみようと思い学んだことを記していきたいと思います。

自動車保険の種類とその補償内容について

自動車保険の種類について

まずは自動車保険の種類とそれぞれのどんな時に補償してくれるのか?について学びました。

自動車保険とは?

「自動車保険」は、私たちが車を運転している時、万が一事故で相手を死傷させてしまった場合や、相手の車やその他の物に損害を与えてしまった際に損害賠償金が補償されるというものです。

普段、運転中どんなに注意していても、交通事故にはいつ見舞われるかわかりません。
万が一のために我々ドライバーが備えておくべきなのが自動車保険です。

自動車保険には大きく分けて2つの種類がある

自動車保険には、大きく分けてすべての車に加入が義務付けられている強制保険「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」と、ドライバーが任意で加入する「任意保険」の2つの種類があります。

自賠責保険は、強制保険ですから原動機付自転車を含むすべての自動車は、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはできません。
無保険運転は違法です
国土交通省 自賠責保険ポータルサイトより

「自賠責保険」は被害者を守る最低限の補償

自賠責保険は、自動車の運行で他人を死傷させた場合の人身事故による損害について支払われる保険(共済)で、物損事故は対象になりません。

被害者1名ごとに支払限度額が定められていますが、もし1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減らされることはありません。
(交通事故の発生において、被害者に重大な過失があった場合にのみ減額されます。)

被害者が死亡された時、限度額が一人につき3,000万、被害者の障害による損害の補償の限度額は、一人につき120万という金額で、あくまで被害者救済を目的としてるもの。
自分が加害者になってしまった場合を考えると、「自賠責保険」だけでは到底足りうるものではありません。

「任意保険」ですべての事故に備えるべき

一方、任意保険は、対人・対物賠償保険といった、自賠責保険ではまかないきれない相手への損害賠償金を補償するものや、搭乗者傷害保険人身傷害保険といったドライバー自身や同乗者のケガがなどが補償されるもの、自分の車が事故で損害を負った場合の修理費用などが補償される車両保険などがあり、万が一の交通事故による損害に備えることが出来ます。

どれだけの損害賠償額となるかわからない不測の事態に対し、最近では対人・対物ともに限度額を無制限と設定するケースが多いようです。

2種類の自動車保険「自賠責保険」「任意保険」のそれぞれについてはまた別に詳細を学びたいと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする